美容部員とは

美容部員の仕事とは

美容部員は美容カウンターで、お客様からお肌や、メイクについての悩み相談を受けたり、お肌の状態を診断したりしながら、お客様に合った商品や、メイク方法のご提案をしていきます。「お客様のお肌や、好みにぴったりなファンデーションはどの商品なのか」、「お客様をもっとも魅力的に見せるのはどのアイシャドウやチークなのか」などを考え、商品をご紹介したり、実際にその場で商品を試していただきながら、お客様の購買意欲を与えます。

美容部員の一日の仕事

百貨店の美容部員の一日

9:30
出勤
・百貨店売場の担当へのあいさつ、他メーカーの美容部員へのあいさつ
・掃除、整理整頓
・品切れ商品の発注
・ミーティング
連絡事項や送品情報、売上目標などを共有する。


10:00
開店
接客、お客様へのメイク
・お客様第一に、店舗の業務をしている場合でも、接客に対応できる準備をする
・常に見られている意識で、気を抜かない
・ブランドPR


13:00
休憩
社員食堂を利用したり、自由にリフレッシュ

14:00
接客
シフト制の勤務は早番スタッフと遅番スタッフとの引き継ぎ

17:00
夕方休憩
仕事帰りのお客様に笑顔をみせるため、リフレッシュ

17:30
接客

20:00
閉店
・レジ精算と翌日の準備
・報告書の作成
・売り場の方へのあいさつ



肌や、メイクの方法などの研修があります。
研修所で集中的に行うことが多いようです。
月に1~2回の頻度で、研修やミーティング、勉強会などもあります。
流行のメイクは、研修では行わない事が多く、雑誌などでCheck!

売り場の美容部員としての経験を積んだ後は、店長(マネージャー)にステップアップできます。
ほとんどの化粧品会社では、美容部員専門の教育担当部門があり、現場から教育担当者(トレーナー)へのステップアップもあります。 さらに、美容部員として働く中で培った商品知識を活かして、 商品開発部門やPR部門、営業部門などに進むケースもあります。

お客様が喜んでくれたときに大きなやりがいを感じることでしょう。自分が接客したお客様から「あなたの勧めてくれた化粧品でキレイになれた」「スキンケアの効果が出た」などのお言葉を頂いた時の喜びは、例えようもないほど大きなものです。
“女性の命”とも言える化粧品を販売することは、責任が重い分、喜びも大きいです。