美容部員になるために

美容部員になるために

美容部員になるための5つの条件

美容部員の仕事とは、お客様に「綺麗になってもらうこと」「満足していただくこと」、最終的には「化粧品を買ってもらうこと」です。 その達成のためには、お客様と深いコミュニケーションを取り、信頼関係を築き、お客様の隠れた要望を引き出し、お客様に満足いただける接客サービスを提供することが重要なのです。

美容部員になるためにはいくつかの大切なポイントがあります。
美容部員の役割は化粧品を販売することだけではありません。美容部員はお客様にメイクテクニックを伝授する「美」のサポーターでもあります。その役割を果たすためには日々進化していくメイクの新しい知識と技術をスピーディーに吸収していく必要があります。また、高い美意識をもって、お客様の「綺麗になりたいという向上心」に応えていかなければなりません。 自分自身が化粧品を好きで、常に美に対して興味を持ち、探求心を持ちつづけることがとても大切です。
美容部員の仕事は基本的に立ち仕事です。お客様がいらっしゃらない場合は座ることが許される店舗もありますが、基本的には営業中は立っていなくてはなりません(自分に合った靴選びも重要です)。また、営業中にはできない店舗商品の並べ替えや、勉強会など閉店後の業務もたくさんあり、見た目よりもハードな仕事ですので、体力も必要です。また、お客様からみれば、モデルになるので肌がきれいなことも重要です。
明るく素直で気配りのできる事が大事です。美容部員は接客業ですが、販売員でもあります。お客様にメイクをするだけでなく、最終的には化粧品を買っていただかなくてはなりません。お客様に気持ちよく化粧品を買っていただくためには、それぞれのお客様のニーズにあったきめ細かい接客が必要とされます。 もちろん、各化粧品メーカーでは、接客についての研修制度が準備されていますので、接客業の経験がなくても、意欲さえあればきめ細かい接客を身に付けることができます。
誰でも新しい化粧品を買うときは「本当に自分に合った化粧品なのか」を気にするものです。お客様の好みや潜在的に求めているものを把握し、ニーズに合った商品をご提供するためには、より深くコミュニケーションを取らなければなりません。またお客様に気持ちよくお買い物をしていただくためにも、楽しい雰囲気作りのできる接客力も必要になってきます。
お客様が喜ぶことを自分の喜びにできる事が大事です。他人にはなかなか自分の肌の悩みを言いにくいものです。美容部員はそんなお客様の気持ちを理解し、思いやりのある誠実な接客をすることが大切です。 お客様が安心してなんでも相談できるような、厚い信頼関係を築いていくことがとても重要なのです。 化粧品を気に入っていただき、さらに、美容部員の接客態度にも満足をされればそのお客様は末永くそのブランドと付き合ってくださることでしょう。

美容部員になるには、採用のこと担当者のことなど知っておく必要があります。自分の好きなブランド、キャリアビジョンにあった会社を探してみて下さい。

美容部員(ビューティーアドバイザー)の雇用形態は実にさまざまで、化粧品会社の正社員として化粧品コーナーで美容部員として働く形態、 契約期限を設ける契約社員、時間給のアルバイト、そして派遣社員などがあります。
雇用形態は違っていても、仕事内容は同じで、化粧品コーナーにて化粧品を販売します。

正社員

化粧品会社の正社員となり、美容部員として化粧品コーナーで化粧品の販売をします。

契約社員

期限付きの雇用のことです。
契約社員の形態をとる会社は外資系に多く、年々実力に応じ契約更新の際に給与を決定し、実力主義の社風を築くための雇用形態であるといえます。


アルバイト

試用期間ととらえるケースが考えられます。
会社側から見れば、仕事の向き不向きを見極めるためにとる雇用形態で、その後、正社員もしくは契約社員に登用されるケースが多いです。

派遣社員

派遣会社から派遣された美容部員です。
派遣されたブランドの商品知識に乏しく、研修時間も少ないことが問題。
長い期間派遣されれば経験で身に付きますが、覚えた頃に派遣が解除されることもあります。

新卒採用

美容の専門知識は特に必要ありません。
入社後、各化粧品メーカーそれぞれの考え方に合わせた社員教育を行います。
企業によっては、何も知識のない人のほうが熱心に覚えてくれるのでいいと考えるところもあります。

新卒の美容部員募集では短大卒以上を採用するメーカーが多くなっています。
特に国内化粧品メーカーはその傾向が強く、短大卒、四大卒あるいは専門学校卒を採用するところが多いようです。
文系・理系に関係なく就職試験を受けられます。一般企業の就職試験と同じです。
外資系化粧品ブランドの場合は、美容系専門学校からの推薦で採用する場合もあるようです。
外資系の有名化粧品ブランドでは、経験者しか採用しないところもあります。

中途採用

中途採用の場合、外資系のメークアップ化粧品が主流のブランドでは経験者を募集する傾向が強く出ていますが、メークアップ化粧品が主流ではない外資系メーカーや国内ブランドでは、未経験の美容部員を採用することも多いようです。

年齢の上限は28~30歳までが多く、40歳までという募集もあります。

美容部員未経験者であれば、接客経験があると、より採用されやすい傾向があります。
美容部員のカウンターでの仕事は、お客様に応対して、スキンケアやメイク用品をアドバイス・販売が中心だからです。

また、色白で肌のきれいな方が採用されやすいというウワサもあります。
美容部員の肌は、その化粧品メーカーのイメージになるから、かもしれません。

1.化粧品メーカー
2.化粧品専門店
3.ドラッグストア
4.百貨店  などがあります。

成長意欲の高い人
 仕事を通じて成長したいと思っている人
ホスピタリティのある人
 「思いやり」「心からのおもてなし」がある人
 深い心地よさを与えることで、信頼や信用、安心感が生まれます
「気づく力」のある人
 気配り、心配りのできる人
明るく元気で努力家
 サービス業にとって一番大事な笑顔ができる人
「コミュニケーション能力」「協調性」のある人
 どんな仕事にも共通ですが、チームワークを大切にできる人

接客マナー
 お客様に喜ばれる接客マナーとおもてなしの心の研修
 「感動していただけるマナー」を中心に行います。
カウンセリング力と提案力
 お客様が気づいていないニーズを引き出し、キレイになるための総合的な提案ができる
 ような研修
スキンケアとメイク等の知識技術
化粧品業界と市場・顧客意識の変化
クレーム対応
商品知識・販売知識